• 外壁塗装を検討されている方に朗報

    QUESTION

    30年、おうちを守り続ける
    外壁リフォーム工法、
    ご存知ですか?

  • ANSWER

    アルミサイディング
    ×
    カバー工法

おうちの外壁リフォーム、
そろそろ気になりだした方、
すでに検討を始めている方。

代表的な外壁リフォーム工法である外壁塗装では、リフォーム後10年たたないうちに、また次のリフォームを検討する必要が出てきます。これは、外壁塗装の塗膜が紫外線や雨水等の影響で劣化するためです。劣化が顕著になり始めるまでの期間が10年程度のことが多いことから、外壁塗装では約10年に一度の塗り替えが必要と言われています。

一方、ここでご紹介するアルミサイディングを用いたカバー工法では、紫外線や雨水などから30年以上おうち(建家)を守る基本性能を持つことから、長期間にわたり次のリフォームの検討を行う必要がなくなります。また、外壁塗装では期待できない 断熱性や遮音性などの機能の付与も見込めます。

外壁塗装は10年前後もつが、アルミサイディングを用いたカバー工法では30年超もつ

おうちを守り続ける
カバー工法

カバー工法は下からカバー壁で既存の壁を覆っていきます。

カバー工法の施工方法

下から建家を覆っていく板がカバー壁。
カバー壁がおうちの既存の壁(既存壁)を
すっぽりくるみます。

「おうちを守り続ける」とは?

外壁塗装では外壁の母材の保護層として働く塗膜は、水分の透過を完全には防ぐことができません。さらに、紫外線や雨水等により塗膜の劣化が進行するため、水分の母材への透過も増加していきます。
外壁の母材として多く用いられている窯業系サイディングは水分に弱いため、透過してくる水分により徐々に劣化が進行します。とくに、塗装後10年以上経過すると塗膜の劣化がしばしば顕著になり、それに伴い建家の劣化が進む可能性も増大します。

カバー工法ではカバー壁により紫外線や水分はほぼ完全にさえぎられます。かりに、少量の水分が透過したとしても、既存外壁表面の塗膜でブロックされるため、長期間にわたり既存外壁はほぼ完全に守られます。

さらに、カバー工法では
以下の3つの機能が得られます。

これらは外壁塗装では基本的には得られません。

  1. カバー工法により断熱性がアップします。

    付加機能1断熱性

    カバー工法ではカバー壁の中の断熱材に加え、壁と壁の間の空気層もあるため、高い断熱効果が期待できます。

    外壁塗装では断熱性の増加はほとんど期待できません。

  2. カバー工法により一定の遮音効果が期待できます。

    付加機能2遮音性

    カバー工法ではカバー壁による一定の遮音効果が期待できます。

    外壁塗装では遮音性の増加はほとんど期待できません。

  3. カバー工法により壁面強度がアップします。

    付加機能3壁面強度アップ

    カバー工法では壁面強度が上がります。このため、風や電車・大型車両等の通過による振動の影響を受けにくくなります。

    外壁塗装では壁面強度は基本的に変化しません。

    ※耐震補強ではありません。

アルミサイディングなら
30年守り続ける

アルミサイディングの構造

アルミサイディングの構造。芯材(断熱材)、表面材(アルミニウムの薄板)、裏面材(防水性フィルムなど)で構成されています。

カバー工法でのカバー壁として用いられるアルミサイディングは、柄付けされたアルミニウムの薄板(約0.4 mm厚)の表面材と、断熱材からなる芯材、防水性フィルムなどからなる裏面材からなります。
アルミニウムは非常に比重が小さい金属として知られ、この金属としての軽量性が、アルミサイディングの軽量性にそのままつながっています(窯業系サイディングの1/8程度の重さ)。このため、カバー壁として用いた場合に、カバー壁による建家への負荷をほとんど無視できます。

※参考)日本金属サイディング工業会の金属サイディングの特徴ページの構造図
http://www.jmsia.jp/siding/

アルミサイディングの耐久性

酸化皮膜(保護皮膜)は、キズが入るとアルミニウム金属層がむき出しになりますが、空気中の酸素により酸化皮膜がすみやかに再生されます。

アルミニウムの酸化皮膜(保護皮膜)の図

耐久性に関する3つの根拠

「アルミニウムの腐食のやさしいおはなし : 酸化皮膜と腐食との関係(UACJ technical reports 3(1), 52-56, 2016)」表紙

アルミサイディングの表面材として利用されているアルミニウムは、その表面が天然の極薄の保護皮膜(酸化皮膜)に覆われているため、基本さびません(腐食が進行しません)。表面に傷が入った場合でも、傷の部分がすみやかに保護皮膜にふたたび覆われるため、やはりさびが生じません。

「アルミニウムの腐食のやさしいおはなし : 酸化皮膜と腐食との関係(UACJ technical reports 3(1), 52-56, 2016)」より
https://www.uacj.co.jp/review/uacj/vol3no1/pdf/vol3no1_07.pdf
「国土交通省~改修によるマンションの再生手法に関するマニュアル-2004年6月(2010年7月改訂)」表紙
平成16年6月
平成22年7月改訂
国土交通省

アルミニウムを用いた代表的建具であるアルミサッシは、その取替までの修繕周期が、国のガイドラインで30年~45年と定められています。

「国土交通省~改修によるマンションの再生手法に関するマニュアル-2004年6月(2010年7月改訂)」より
https://www.mlit.go.jp/common/001064898.pdf
日本アルミニウム協会「カラーアルミ建材追跡調査報告 2016年」表紙

アルミサイディングやアルミの屋根などのアルミ建材も、屋外での暴露調査で30年以上基本性能を保ち続けています。

「日本アルミニウム協会 カラーアルミ建材追跡調査報告 2016年」より
https://www.aluminum.or.jp/kenzai/tracking/ca_rep02.htm
※URLは2012年の調査報告

アルミサイディングは、
30年以上、カバー壁としての基本性能を保ち続ける
ポテンシャルがある
といえます。

  • ※ 「30年以上」は、カバー壁としての基本性能の維持期間。アルミサイディングの内側にある既存壁を紫外線・雨風等によるダメージから守り続けることが可能な期間
  • ※ 風合いは徐々に変化(ページ最下部の「外観の長期変化」で解説)

アルミサイディング施工のBEFORE & AFTER

アルミサイディング加工前の外壁 アルミサイディング加工後の外壁

アルミサイディングを用いたカバー工法では、
多様なカラーやデザインパターン
(石積調、タイル調、レンガ調、石材調など)
を選択いただけます。

30年、おうちを守り続ける外壁リフォーム工法

アルミサイディング
× カバー工法

アルミサイディング×カバー工法について
もっと詳しく知りたい方に、
無料の実物サンプルをお届けしています。
アルミサイディングのデザイン性、軽量性を実感
してみてください。

アルミサイディング実物サンプルお申し込み
  • ※ 提供エリア:関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県)、静岡県、新潟県、愛知県、三重県、岐阜県、福岡県(一部対応できない地域もあります)
  • ※ 実物サンプルは、鋭利な断面を持ち危険性があるため、スマイルタイムのリフォームアドバイザーが直接ご自宅にお届けしております。
  • ※ 当社では、昭和56年(1981年)6月以前に設計された旧耐震基準に則った建物については工事をお引き受けしておりません。サンプル請求やお見積りもお断りしております。あらかじめご了承ください。

スマイルタイムの
こだわり

豊富なカラー・デザインパターンの
ラインナップ

スマイルタイムでは、多様なカラーやデザインパターンのアルミサイディングをラインナップ。凹凸構造を含む幅広い柄・カラーバリエーションや上下の張分けなどにより、お好みのスタイルのご自宅を実現することができます。

石積調

砂岩調

レンガ調

タイル調

石材調

施工方法へのこだわり

アルミサイディングの耐久性をきちんと発揮させるためには、適切な施工方法を取る必要があります。
スマイルタイムでは、4つのこだわりにより、質の高い施工を実現します。

こだわり1樹脂銅縁を使用

アルミサイディングを既存壁に固定するための土台となる胴縁。その素材としては、一般によく用いられる木材ではなく、樹脂を使用。腐食やシロアリの心配がなく、耐久性に優れています。

こだわり2ステンレスビスを使用

アルミサイディングを胴縁に固定するビスの素材として、ステンレスを使用。腐食による劣化の心配がなく、耐久性に優れています。

アルミサイディングを既存壁に固定する銅縁に樹脂を使用。さらにステンレスビスを使用することで耐久性を高めています。

こだわり3一級建築士による
高度な施工品質の管理

自社社員の一級建築士が、アルミサイディングの性能を引き出すための施工方法の監修や、研修内容の統監など、高い施工品質を保つための管理を行っています。

こだわり4施工マニュアルと研修制度

施工マニュアルや研修制度により、適切な施工品質管理。高品質な素材の良さを適切に引き出すための施工を実施します。

研修の様子

株式会社住居時間(スマイルタイム)の概要および実績

当社は2001年、外壁・屋根のリフォーム会社として創業。現在、内装や水まわりなど、リフォーム全般を扱う企業として事業を拡大し、ハウスクリーニングや各種補修など、住まいの細かなメンテナンスにも対応しています。
本店のある愛知県をはじめ、東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、新潟県、静岡県、福岡県にも支店や営業所を構えるなど、お客様の近くに拠点を持つことで、困ったことがあれば、「スマイルタイムに連絡しよう」と思い浮かべていただけるような、お客様に親しまれ愛されるリフォーム会社を目指しています。

日本最大級の施工実績 14,000件以上
業界唯一!金属サイディング工業会の「施工例写真コンテスト」13年連続入賞。第7回リフォーム部門最優秀賞。第10回リフォーム部門優秀賞

無料お見積りはお気軽に
お申し込みください。

カバー工法を実際に適用したイメージや価格を
一刻も早くお知りになりたい方、
スマイルタイムでは無料の見積りを受付け中です。

業界最大級の施工実績と
多数のコンテスト入賞を誇る
スマイルタイムのリフォームアドバイザーが、
ご自宅にお伺いしての無料お見積り。

常時受け付けておりますので、
お気軽にお申し込みください。

無料お見積り
  • ※ 提供エリア:関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県)、静岡県、新潟県、愛知県、三重県、岐阜県、福岡県(一部対応できない地域もあります)
  • ※ ご希望の方にはアルミサイディングの無料サンプルもお届けしております
  • ※ 当社では、昭和56年(1981年)6月以前に設計された旧耐震基準に則った建物については工事をお引き受けしておりません。サンプル請求やお見積りもお断りしております。あらかじめご了承ください。

さらに詳しくお知りになりたい方へ

外壁リフォーム工法の比較

外壁塗装VSアルミサイディング
×カバー工法

外壁塗装とアルミサイディングを用いた
カバー工法の比較表

初期費用は外壁塗装の方が良い。メンテナンス費用はカバー工法の方が良い。工事期間は外壁塗装の方が良い。建家の保護はカバー工法の方が良い。断熱性はカバー工法の方が良い。遮音性はカバー工法の方が良い。壁面強度アップはカバー工法の方が良い。デザイン選択の幅ではカバー工法の方が良い。外観の長期変化(色合い)はどちらも同じ。外観の長期変化(形状)はカバー工法の方が良い。
※参考)金属サイディング工業会『外壁リフォームのすすめ』を一部改変
http://www.jmsia.jp/download/pdf/manual08.pdf

初期費用

1回のリフォーム工事費用は、カバー工法よりも外壁塗装の方が安くなります。

GOODメンテナンス費用

外壁塗装は10年程度ごとに塗り替える必要があります。
(放置すると外壁の母材にダメージが生じる可能性があります。)
アルミサイディングを用いたカバー工法は、30年以上張り替えなしで建家を守り続ける基本性能を持っています。

工事期間

外壁塗装の工事期間は10日間〜2週間程度。カバー工法の工事期間は3週間〜4週間程度です。

※上の工事期間は1回だけの工事の比較。
外壁塗装は、10年に一度くらいのペースで再リフォームの必要があります。そのため、カバー工法でのリフォーム後に30年間再リフォームをしない場合、外壁塗装では、トータル3回のリフォーム工事が必要になります。つまり、30年間トータルでの工事期間は 外壁塗装の方が長い時間が必要になります。また、外壁塗装は、何度もリフォーム工事の検討が必要になるのに対し、アルミサイディングによるカバー工法では、何度もリフォーム工事の検討をする必要がありません。

GOOD建家の保護

カバー工法は雨にも強い。

外壁塗装では、紫外線や水分の既存壁内材への透過は防ぎきれず、さらに年月とともに透過の度合いも増えていきます。
建家の外壁として多く用いられている窯業系サイディングは水分に弱いため、透過してくる紫外線や水分により徐々に劣化が進行。とくに、塗装後10年以上経過すると塗膜の劣化が顕著になり、それに伴い建家の劣化も大きく進む可能性が増大します。

カバー工法では、紫外線や水分はアルミサイディングをほぼ透過せず、わずかに透過したとしても、既存壁に存在する塗膜でブロックされるため、建家はほぼ完全に守られます。

GOOD断熱性

カバー工法は断熱性にも優れています。

外壁塗装では、断熱性の増加はほとんど期待できません。
カバー工法では、新しい外壁の中の断熱材に加え、壁と壁の間の空気層もあるため、高い断熱効果が期待できます。

カバー工法の断熱作用は、外断熱の一種。カバー壁および空気層の存在により既存外壁の内部結露が抑制されるため、結露による既存外壁の劣化が抑制されます。

GOOD遮音性

カバー工法は遮音性も優れています。

外壁塗装では、遮音性の増加はほとんど期待できません。
カバー工法では、カバー壁による一定の遮音効果が期待できます。

GOOD壁面強度のアップ

カバー工法では壁面強度がアップします。

外壁塗装では、壁面強度は基本的に変化しません。
カバー工法では、壁面強度が上がります。このため、風や、電車・大型車両等の通過による振動の影響を受けにくくなるのです。

※耐震補強ではありません。

GOODデザイン選択の幅

外壁塗装では、現在のデザインを大きくは変えることができません。
カバー工法では、石積調、タイル調、レンガ調、石材調など、凹凸構造を含む幅広い柄・カラーバリエーションの中からお好みのデザインを選択することが可能です。

GOOD外観の長期変化

外壁塗装アルミサイディングの外観の長期的な変化は、「色合いの変化」と「形状の変化」の2つの変化に分けることができます。


色合いの変化

外壁塗装アルミサイディングも表面の塗膜は紫外線や水分等によって徐々に色やツヤ感が変化して行きます。
このため、どちらも長期的にはその色合いが徐々に変化して行くといえます。

形状の変化

外壁塗装に関しては、塗膜の下の母材として用いられる窯業系サイディングは水分に弱いため、紫外線や水分による塗膜の劣化に伴う母材への水分の浸透により、母材の劣化が徐々に進行します。母材の劣化が大きく進行すると、外壁にふくらみや割れなどの変形が発生します。つまり、外壁塗装 では、塗り替えなしで長期間放置すると、その外観形状の大きな変化が生じる可能性が高まるといえるのです。

通常の外壁の形状変化。塗膜が劣化すると母材中の水分透過量が増え、形状変化が生じます。

通常の外壁(窯業系サイディング)の形状の長期変化

アルミサイディングは、その母材(アルミニウム板)の水分に対する耐久性は非常に高く、表面の塗膜の劣化に伴う母材の劣化は生じません。よって、アルミサイディングでは、長期的に見ても、ふくらみや割れなどの外観形状の大きな変化は起こらないといえます。

アルミサイディングの形状の変化。塗膜が劣化してもアルミニウム板の水分に対する耐久性が高いため、形状変化が起こりません。※アルミニウムは腐食進まない。

アルミサイディングの形状の長期変化

※上で述べたように、アルミサイディングでは長期的に見たときでも、形状の大きな変化は起こらず色合いの変化のみが起こります。
このため、アルミサイディングにおける外観の長期的変化は「風合いの変化」であるともいえます。この風合いの変化は、定期的な水洗いにより、変化のスピードを抑制することが可能です。

アルミサイディングの塗装工程は、工場において品質管理された状態で行われます。このため、アルミサイディング表面の塗膜は、リフォーム現場で再塗装を行う外壁塗装に対し、強固で均質な仕上りとなっています。

無料お見積りはお気軽に
お申し込みください。

以上のように多くの利点をもつ
アルミサイディング×カバー工法。
ご自宅に適用した際のイメージや
価格をお知りになりたい方、
無料見積り受付け中です。

業界最大級の施工実績と
多数のコンテスト入賞を誇る
スマイルタイムのリフォームアドバイザーが、
ご自宅にお伺いしての無料お見積り。

常時受け付けておりますので、
お気軽にお申し込みください。

無料お見積り
  • ※ 提供エリア:関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県)、静岡県、新潟県、愛知県、三重県、岐阜県、福岡県(一部対応できない地域もあります)
  • ※ ご希望の方にはアルミサイディングの無料サンプルもお届けしております
  • ※ 当社では、昭和56年(1981年)6月以前に設計された旧耐震基準に則った建物については工事をお引き受けしておりません。サンプル請求やお見積りもお断りしております。あらかじめご了承ください。

会社概要

社名
株式会社 住居時間(スマイルタイム)
設立
2001年7月
従業員数
264名
代表取締役
小谷 謙二
本社所在地
〒465-0051 名古屋市名東区社が丘1-1201
支店・営業所
愛知県、東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、新潟県、静岡県、福岡県
サービス提供エリア
関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県)、静岡県、新潟県、愛知県、三重県、岐阜県、福岡県

個人情報保護方針